2012年01月19日

今日は雨。

ずいぶん、久々…
年中、「雨続きだぁ!」とか「日照り続きだぁ!」とか、
大騒ぎな園主だけど、

この時期はあまり無頓着。。。

なぜかって言うと…

畑にそ育てている野菜がないから。

玉ねぎやニンニクを育てていても、
園主の畑は水はけが悪く、温度の低いこの時期には
それほど蒸発を気にすることもないから…


でも、じゃあこの時期の天候は農業に影響がないのか?
ということになりますが、

そんなことは全くありません。


例えば、いちごを育てていた時期には、

この時期栽培真っ只中。



ハウスの中で育ついちごはポンプで水をやるから、
問題なしのように思うかもしれませんが、

そのポンプからくみ上げられる水は、
農業用水なんです。




あ、ちなみに農業用水は田んぼ全部に水がいくよう、
作られた水路なんですけどね。

あっちこっち老朽化しているので、沢山の人が総出で手入れしないと、
すぐ漏水したりするんですね。





で、いちご栽培に話戻しますと…


田んぼの時期にはもちろんみんな総出でそういった冬にできた漏水個所を
直したり草払いしたり、色々するんですが、

冬の時期は誰もそんなことしないので、雨が降ると、水がやってくるけど、
雨降らない時期になると、

どっかで水が垂れ流されて自分の畑まで水が来ないってこともあり、
「雨降れ〜、雨降れ〜!」と願いつつ、
用水路を何kmも遡って、漏水個所を修繕したものです。



でも・・・

植物の体感温度や体感湿度は、
その植物を育てなくなった時点で
同調できなくなってしまうんですね。


そんなこと思ったら、
ちょっと寂しくなりました。


そして、


果樹が育てたくなりました。

一年中そこにある木。





posted by しずえ at 01:08| 長崎 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 時には昔の話をしようか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一年中そこにある木・・・
しかも、果樹!
あこがれる〜〜!!!

杏、梅、さくらんぼ、桃、りんご、みかん、柿、枇杷、ぶどう、梨、ヤマモモ、ざくろ、
木苺、ヤマボウシや宿り木の実も美味しいらしい! 是非、食したいなり。
Posted by おはる会長 at 2012年02月01日 14:47
>おはる会長さん

いいですよね〜。
「今年はいっぱいなったね〜
去年は…」とか、

毎年話題にできる楽しみがある。

彩園の竹やぶは昔は梅畑だったらしいですよ。
Posted by 園主 at 2012年02月02日 23:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。