2011年12月15日

新谷郷のイノシシ柵作り

今日は新谷郷のイノシシ柵作り。

長崎県内、農村部ではどこでも、問題となってるイノシシあせあせ(飛び散る汗)

イノシシ被害にあうと、無力感と脱力感にさいなまれ、栽培モチベーションはガタ落ちです。
実際に山間部では「何植えても食べられるからやめた!」という理由で、
耕作放棄地が年々増えていってます。

そこで、今日はイノシシ柵作り。

20111215 013.JPG

見たことがある人もいるかもしれませんね。
畑の周りのこんな金網…
実はイノシシ柵なのです。

しかし、今回のイノシシ柵はり、
普通と全く違うところは…



このイノシシ柵が、新谷郷全体を包む
全長6500mの巨大プロジェクトであることexclamation

新谷郷住民が協力し合い、5カ月かけて作り上げます。

20111215 011.JPG20111215 009.JPG20111215 008.JPG

確かに、自分の畑だけを柵で囲うのは非効率で、
地域全体を囲んだ方がよい…って頭では分かるけれど、

それは、

「よしやろう!」という人たちがいて、
計画する人たちがいて、
その道のプロがいて、
時間が空いた時に出てきてくれる人たちがいて、

できること。

新谷郷のこういう活動に参加させてもらう度、
「ホント〜にすごい町だ」と思う園主なのです。




posted by しずえ at 22:16| 長崎 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然・・・ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/240682568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。